それぞれのココロとカタチ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6年目のアンソニー

シーズン中は、必ず発売日に買っていた雑誌も、
この頃はちょっと遅れがち。
毎週のAUTOSPORT
最近は妙にお金持ちなお兄ちゃんが奢ってくれます(笑)。

で、どちらが先に読むか。
国内モタスポ派とF1派、特集が厚いほうが先で、
二週続けてF1の私がお先に失礼~ でした。

オフはインタビューなどじっくり記事がありがたいです。
先週のホンダの小池エンジニアの話も興味深かったが、
今週号の
アンソニー・デビットソンのインタビューもなかなか。
いろいろな場で発言してますので、かぶる話もありますが、
レースドライバーを渇望した彼の数年間の思いをじっくり読ませてもらいました。

琢磨というのは、チームに愛され、チームから敬意をえることを必要とするドライバーだと思う。
僕はF3時代からそう気づいていた。01年のF3では僕らはチームメイトだったけど、チームは彼を愛していたし、琢磨はものすごく自信にあふれ、いつもマシンを100%で攻めていた。
そういう環境、つまり100%プッシュすることを許された状況こそが、琢磨の強さがもっとも発揮される状況なんだ…

言い当ててますよね~。

BARホンダでは時々そうできない場合があったが、
SAF1に移り、チームのみんなに愛され、彼にとって理想的な状況がつくり出され、
プレッシャーのないなかで本来の速さも発揮できたし、彼自身も大きく成長したと思っている。


噂にのぼった一昨年、ジャガーのレースドライバーとして、
交渉がほとんど成立していたそうです。
しかしながら、チームはレッドブルに買収されてしまったので、チャンスは消えてしまった。
昨年のバリチェロの契約に際しても、
『彼らが琢磨を遠ざけたのは不思議だった』が、同時にそれは
自分自身にもチャンスがないことを意味していた、と。
そして新チームが立ち上がってからの経緯。

何度か、レースができるぎりぎりのところまでいったし、“まったくチャンスはない” という状態ではなかっただけに、なおさらフラストレーションを感じた。
“もうすぐ、きっと” と思いながら、何回も後退して、そこからもう一度、一生懸命に努力して、若いドライバーたちがチャンスを手にして、自分にはチャンスが手に入らなくて…。
すごく厳しい経験だった。


亜久里チームのレースドライバーの噂が持ち上がったとき、
『キャリアを傷つける』発言は、
彼を必要としていたニック・フライか、彼のマネジメント側からか、
決してアンソニー自身のコメントではなかったことは承知してます。

ただ、あの厳しいな条件の中に敢て飛び込んだ井出っち、左近君のを思うと、
何というんでしょうか
アンソニーの決定を喜ぶ気持ちがちょっと後退したというか…。

しかし、アンソニーにも長い間の『厳しい経験』があったわけで、
ついに念願のレースドライバーを手にした彼にも変わらぬ応援を送ってあげたい。

亜久里さん、同誌のインタビューで、
最初のテスト、アンソニーがドライブしたことに
『琢磨が家族で旅行したいから休みを取られてくれ、と。
だからしょうがない。(笑)』
 と
相変わらずの調子で煙に巻いていましたが(笑)

明日からのヘレステスト
やっと琢磨君の登場です。


スポンサーサイト

*Comment

なんと… 

アンソニー自身は昨年からSAF1に行きたくてしょうがなかったのですね。

私はてっきり、昨年の前半はホンダに残る事に納得していたと思ったのですが、その状況から抜け出そうともがいていたとは…。でも、アンソニーがドライブしててもSA05は厳しかったでしょうね。

それにしても、アンソニーは本当に琢磨をよく理解していますね。琢磨を好きか嫌いかまでは分かりませんが、そんな事はどうでも良い事でしょうね。お互いを理解し、切磋琢磨していけたら良いですね。
  • posted by 考える葦 
  • URL 
  • 2006.12/13 07:57分 
  • [Edit]

いい話しだね~ 

こんにちは。
琢磨とアンソニーは、来期どんな走りを見せるか楽しみですね~
分かり合った二人だから、良いライバルとしてがんばってほしいです。
それよりニューマシンの方が気になってしまいますよね!早くバリッとした発表を聞きたいんですが・・・
  • posted by デヴィッド 
  • URL 
  • 2006.12/13 09:56分 
  • [Edit]

あんそにぃ~、やっと来てくれはったん! 

琢磨もアンソニーも肉揚の呪縛から解き放たれた時に真価が発揮されると思いますねぇ。
と言う事は本家が・・・・・心配。
  • posted by REDFIVE 
  • URL 
  • 2006.12/13 11:28分 
  • [Edit]

オイラも 

それ読んだよ。
彼に関して一番の心配は、レース勘を取り戻せるか・・・
なんですよね。

・・・で、もしダメだった場合のサコーン(笑)なのかな?

まぁ、彼なら序盤で行けるとは思いますが。
何せ、F3以来でしょ?マトモなレースしたの。
  • posted by ジムカニアン 
  • URL 
  • 2006.12/13 18:06分 
  • [Edit]

頑張ってほしい! 

もちろん色々な意味でね。(笑)
個人的にはアンソニーにも本当に活躍してほしいと願っております。
さんざん苦労してきたでしょうから。
今年に関して言えば、おそらくHONDA側の飼い殺し状態だったかもしれませんね。
なんで、バリチェロがどこまで使えるのか解らなかった訳ですから。(笑)
レースの感を取り戻すのに時間がかかるとすれば…それまでだし。
はやければ、それにまさる喜びはないですよね。
  • posted by カンジ 
  • URL 
  • 2006.12/13 20:38分 
  • [Edit]

考える葦さんへ 

彼には一年が本当に長かったでしょうね。
HONDAのサードドライバーとしてレースに帯同していても、毎GP特別の目でスーアグチームを注視してた様子がうかがえます。
GPの週末は、今度は自分が乗るマシンを仕上げていって、自分がレースをする。
彼の経験はレースをどう纏めてくれるのか、楽しみですね。

  • posted by beach 
  • URL 
  • 2006.12/13 22:49分 
  • [Edit]

デヴィッドさんへ 

ずっと同じチームにいて、彼の言葉通りに琢磨君のことは知り尽くしているし、
同時に、いつも『チームに愛される』彼に対するライバル心は相当なものと思っています。
いいかたちで切磋琢磨してほしいですよね。

新車の発表日、いつごろでしょうか。
お目見えするまでは周囲があれこれ騒がしいでしょうね。

  • posted by beach 
  • URL 
  • 2006.12/13 22:51分 
  • [Edit]

REDFIVEさんへ 

フライのオジさんにとっては、バトン以外のドライバーはみんな彼のコヤシぐらいにしか思ってないかもね。
そう言えばニック・フライ、オフには毎年恒例の『バトンは素晴しい~~!』発言、今年もやってくれてますね(笑)。

外見は軟弱なんだけど、意外にしぶといこのオジさん。
またまた偉くなっちゃって、本当に本家の体制って分からん…。
  • posted by beach 
  • URL 
  • 2006.12/13 22:56分 
  • [Edit]

ジムさんへ 

例えテストで一日中走ったって、レースの1時間半とはまったく次元が違う問題だもの。
亜久里さんだって本音は左近君を起用したいと思っているだろうから、
周囲が期待する結果が出さなけりゃ…大きなチャンスと崖っぷちが背中合わせみたいなシーズンかも。

そう言えば、左近君の話はなかなか表に出てこないね。
今年みたいに金曜があったならば、
いい成長が期待できるのだろうけど…。
  • posted by beach 
  • URL 
  • 2006.12/13 23:03分 
  • [Edit]

カンジさんへ 

琢磨君の話になっちゃうけど、
ホンダから派遣された小池エンジニアが、琢磨のフィードバックがあったらクルマの進化も早かった…と言っています。
こういう縁の深い彼らだから
予選・決勝でどっちが勝った負けたみたいな目で見る向きもあるだろうけど
前述の小池氏じゃないけれど、
まだまだ引き出しの少ないチームには、勝負より協力して…で頑張ってほしいよね。

ところで漢字一文字トラバ、二文字じゃだめ~?(笑)
  • posted by beach 
  • URL 
  • 2006.12/13 23:07分 
  • [Edit]

こんばんは 

オイラも読みました。立ち読みですけど(汗
アンソニーの琢磨評は当たっていると思いましたよ。
冷静なところがある彼なら、美味くやるでしょうね。
体力とドライビングのテクニックは問題ないので、本番の駆け引きと他のドライバーから「レーサー」として認知されることが大切ですね。
シャーシ問題でゴタゴタすれば、レースでも虐められそうで…それは琢磨にも言えますけど。スパイカーの進路妨害とか…まじで有りそう
  • posted by ビートニク 
  • URL 
  • 2006.12/14 00:03分 
  • [Edit]

ビートニクさんへ 

『イケイケコンビ』と言われる二人ですが、
アンソニーは、F3時代からもそんな印象があまりないのです。
そう、冷静な感じですよね。
ミッドランドのスパイカー、ブラジルでは相当ショックだったみたいですもの、
スタートではもう絡めないから、レース中は…常習な方たちですかねえ。
  • posted by beach 
  • URL 
  • 2006.12/14 22:13分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://beach0705.blog44.fc2.com/tb.php/188-a5c0d367

恒例!漢字一文字TB大会!

今年一年を振り返って、「命」という漢字一文字が昨日発表されましたね。 さてさて、今年も残すところあと僅か!そこで、やってまいりました!(笑) 本陣恒例?(って、まだ2年目だけど…) 「今年を漢字一文字で例えると?TB大会」 ルールは簡単!あなたにとっての、

Menu

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

SIDE BY SIDE FOR  TAKUMA

SUPER AGURI F1

(C)TRT Communication

TRT communication

TRT Communication

佐藤琢磨選手を応援します

メール box

beachにメールしたい時は…

郵便局入り口

↑ ↑ こちらまで ↑ ↑

プロフィール

beach

beach

Author:beach

プルダウンリスト

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

music

ブログ内検索

Music Select

Copyright(C)2006 るぅー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。