それぞれのココロとカタチ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虚脱感

琢磨が走らない。

週末のレースに琢磨がいない‥‥。

現実がじわりと重くのしかかってきます。
長い残りのシーズン、どうやってやり過ごせばいいのか。
大きな、大きな虚脱感です。

3年前の9月、ジェンソン・バトンの残留が伝わった夜を思い出します。
先行きの不安も大きかったけれど、
琢磨のスーツから、ヘルメットからHONDAの文字が消える、その事実が何よりも辛かった。
そのHONDAに、
ここまで失望するとは思いもよらなんだ。

亜久里さんの会見から一夜明け、垣間見えたホンダ。

巨額を投じるF1に実質2チーム参戦させている歪みは、ホンダ内部に膨らんでいたと想像します。
ワークスチームはさておき、カストマーの頓挫と超資金不足のアグリは、経営陣にとっては早期リストラの対象であったはず。
本当のところ昨シーズンを持ってスーパーアグリを終了させたかったのでしょう。
対して亜久里さんは、自らがここまで引っ張ってきたメンバーの将来を思い、あらゆる方向で継続を模索し続けました。
その亜久里さんにホンダは、メンタルな部分もあって、なかなか引導を渡せなかった。
その弱い部分を引き受けたのは、あのびじねすまーんニック・フライ。
活躍しましたね~。(私たちからみればそれを、暗躍といいますが)
目の上のたんこぶスーパーアグリ・琢磨を降ろし、かつホンダに恩を売ることができるのだから、さぞや張り切ったことでしょう。
フライング言動、多々ありました。
そこまで「あのバカ」に言われなくちゃいけないんだ、どうしてホンダは無言なのか‥‥。
それはいつも私の怒りの対象であったわけですけど、
『猫に鈴をつける役目を拝命したネズミ』に、目をつむるしかなかったのでしょうか。
それは、きのうの「トルコ締め出し」のくだりにも現れていましたね。

シーズンオフからここまで、ずうっとホンダの態度は疑問でした。
独立を望みながら、亜久里さんが見つけてきた「打開策」をどうして潰そうとするのか。
何だかわかったような気がします。
今シーズン、「援助」「支援」? 言葉はどうであれ、ホンダには投入し続ける意思がなかったということ。
それを全て肩代わりできるスポンサーでなければならなかった。
なおかつ、ここまでの「借金」を速やかに返済できれば願ったり。
現実、無理な注文です。
それを全て賄ってやろうという、夢のような触れ込みのマグマ・グループとドバイの力が現われなかったら、開幕前の早い時期に『昨日のこと』は訪れていたのでしょうね。

スーパーアグリは、旗揚げの経緯から日本のホンダが深くかかわっています。
「日本のホンダ」と言うより、私たちには「ホンダそのもの」であったはず。
そのホンダの顔が、どんどん見えなくなっていき、反比例するかのように、ニックフライが事あるごとに介入する事がとても腹立たしかったです。
亜久里さんの昨日の会見でも不快感を示していましたが、ワークス本家とはいえ所詮HRF1のCEO。
この2年間、セカンドチームとして安っぽく扱われたかと思えば、独立チームだからと突き放されてみたり、このバカの言動にはずいぶん苦しめられました。
最後には、チームの命運を握るのは自分であるかのような振舞い。
その憎まれ役の後ろにいる、ホンダ。

そして終幕は、紙一枚。

いささか尻切れトンボの長文になってしまいましたが、ホンダは‥もうよしましょ。

スーパーアグリ いいチームでしたね。
「奇跡の128日」から共に願い、苦しみ、喜び、すっかり感情移入してしまいました。
毎レース、あれがない、これがないの貧乏チームでしたが、
与えられたぎりぎりのなかで工夫を凝らし、素晴らしいものを見せてくれました。
見憶えたメンバーの顔々、もう見られないのかと思うと感傷的になります。

その主柱であった佐藤琢磨というレーサー。とても誇りに思います。

近いうちに、きっとまた走ってくれる。

強く、願います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメントをいただいた皆さん、ありがとうございます。
もうすぐ、復帰させていただきますから(笑)、その時に‥‥。
スポンサーサイト

*Comment

ホントにね 

ホンダはいつも「そんな事、言ってない」
でも反論するわけでもなく。
暗黙の了解、というかなんというか。
肉が、というより本当にホンダの対応が…と思いました。

でももう何を言っても結果が出てしまったものは
どうしようもないんですよね。
あとは琢磨がどうなるか、それだけです。

絶対にF1で走ってくれると信じ、その日まで待つのみ。
  • posted by yu-ko 
  • URL 
  • 2008.05/07 21:18分 
  • [Edit]

yu-koさん 

いつもコメントありがとうね。

同じように腹が立って、やり場のない気持ちを抱える皆がいると思うと、
ふぅっと肩に入った力が緩んできます。
  • posted by beach 
  • URL 
  • 2008.05/08 23:03分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://beach0705.blog44.fc2.com/tb.php/380-f231ad87

アグリさん会見で見えた、F1チームの現実

昨日の鈴木亜久里代表の、無念の発表から1日たちました。 昨日の会見については、「本日、スーパーアグリの活動に幕。そして琢磨はどうなる…(ちと追記)」でもたっぷり書きましたが、スーパーアグリがもう、F1から去ってしまったことで、ココロにぽっかり穴が開いて...

Menu

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

SIDE BY SIDE FOR  TAKUMA

SUPER AGURI F1

(C)TRT Communication

TRT communication

TRT Communication

佐藤琢磨選手を応援します

メール box

beachにメールしたい時は…

郵便局入り口

↑ ↑ こちらまで ↑ ↑

プロフィール

beach

beach

Author:beach

プルダウンリスト

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

music

ブログ内検索

Music Select

Copyright(C)2006 るぅー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。