それぞれのココロとカタチ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モナコはあんまり好きじゃない

と、毎年言ってはいましたが(笑)。

モナコGP予選 見ました‥‥Live Timing のみ で。

ドキドキ感も高揚もなく、淡々と眺める Q1 そして Q2
興味は‥誰がノックアウトされるのか ‥(笑)
刻々と変わるタイム眺めていてそれなりに面白かったです。

音や映像は、ちょっとカンベン! 
こちらがそう思うくらいだから、 琢磨の心情 を察するに‥辛い。

琢磨の声が聞きたい、映像を見たいと思う。
しょうがない、フジの視聴率UP誘導作戦に乗せられるとするか。
今夜の地上波で、琢磨のインタビューが流れるそうです。
願わくば、番組冒頭で。後はLT眺めて結果が分かっているから。

22日放送された「こちアグ広報室」見ました?
1時間という短い枠に、2年と数か月を凝縮するのは難しいでしょう。
けれど私たちは、流れる映像のコマとコマを埋める数多くの事柄を知っています。
ゆえに、短い映像で綴られた 『For Ever Super Aguri』 に、苦しかったこと、耐え忍んだこと、感動した瞬間、心に残る全てがよみがえり何度見ても涙腺にストップかけることができません。
そこで終わってくれればよかったのに。
あれはなに?? 番組スタッフが亜久里さんに捧げるために渾身をこめて作ったというアレ‥。
ベルガーやウィリアムズ翁のコメントはまだ分かる。
一貴君? ついでにトヨタ? 
そこに気が入り過ぎて、ホンダがないことに気づいてないのは、ある意味皮肉笑。
鈍いヤツすら興ざめしそうな誘導。
今の地上波のスタンスをこんなところまでサブリミナルしてくれるフジTVに、さらにがっかり。


発売された数々のF1雑誌、「スーパーアグリ撤退」の特集をうたっています。
ついつい買ってしまうのですが、実はそれほど熱心には読んでいません。

それでも、興味をひいたのは、
『GRAND PRIX』 の
<ヴァイグルとの話に水を差した思わぬ「政治闘争」>

ここまでいろいろな情報や噂で飛び交った『キーワード』が、ひとつの流れに収まります。
HRF1内での政治闘争に、スーパーアグリが巻き込まれたという側面。
マグマ=ニックフライ VS ヴァイグル=オットマー・サフナウナーという図式はどこかで目にしましたが、
時系列を追ったこの一文が事実であるならば、とても空しく腹立たしい。

チームの経済事情がかなりひっ迫していたのも分かるし、そもそも基盤のカストマー参戦が崩れてしまったのでは、やはり撤退もやむなし、の大勢でしょう。
ホンダが参戦時から多大な援助を続けてきたことは、本当に感謝しなければなりません。
それでも、ああいう一文を読んでしまうと、
どこかで、あそこで‥とぐずぐすと考えてしまう。
不謹慎なたとえですが、「死んだ子の歳を数えて」‥‥まだまだ、抜けきれません。

唯一、前を向くことは、
それはもちろん、琢磨のこと。

「囲み会見」を読みました。
やはりこのモナコの数日は、拷問に等しいだろうね。

明るいニュースを待ちわびつつ、君の決断した道はどこでも追いていく。

そう決めたよ!!
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://beach0705.blog44.fc2.com/tb.php/386-dac9783d

Menu

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

SIDE BY SIDE FOR  TAKUMA

SUPER AGURI F1

(C)TRT Communication

TRT communication

TRT Communication

佐藤琢磨選手を応援します

メール box

beachにメールしたい時は…

郵便局入り口

↑ ↑ こちらまで ↑ ↑

プロフィール

beach

beach

Author:beach

プルダウンリスト

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

music

ブログ内検索

Music Select

Copyright(C)2006 るぅー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。