それぞれのココロとカタチ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原点

ご無沙汰しておりました!

数日前の深夜‥‥
さすがに動揺しましたね(笑)。

琢磨のトロ・ロッソの未来は五分と五分。
覚悟を決めて見守っておりましたが、あってほしくない「五分」のほうに傾いたというニュースは、やはり、胸が締めつけられる思いでした。

冷静になれる時間を過ごし、気持ちを綴る余裕も出てきました。

琢磨のレースを見続けきてて、ファイト溢れる戦いざまにどれほど高揚したことか、けれどもその何倍も苦い、どん底な気分を味わってきたことか。
これまでの90戦を超える戦績で、結果に結びついたものは少ない。「結果」だけを追えば、彼を凌ぐレーサーは五万といるはず。

じゃあ何故これほどまで「佐藤琢磨」に夢中になるのかと思う。


彼の「人となり」が大好きです。
優等生、常識的で礼儀正しい‥と評されることがある。そりゃ当り前でしょう。
鼻たれ小僧がカートに幼少から馴染み、ティーンエージャーでこの世界に飛び込んだわけじゃない。
しつけの行き届いた家庭で常識や礼儀もきちんと教えられ、高校・大学入学と(普通とは言い難いが)順調に歩んだ育ちの良い若者なのだから。
そんな品(ひん)の良い好青年がいざレースになると、思いっきり別な面を見せてくれる。
内面の気性の激しさ、頑固で意固地、意外と短気なところがまた、たまらなく魅力的であったりもする。
物事をポジティブにとらえ、努力し、目指すものに貪欲に突き進む‥‥今まで語ってきたことのリフレインオンパレードですか(笑)。

これも言い連ねてきました、ポディウムのてっぺん・表彰台の類はあまり興味がありません。
実際GTやFポンを観戦していて、あれっところで誰勝ったんだっけ? しばらくすると思い出せないバカ者です。
優勝より、たとえ下位争いであっても、闘争心あふれる場面や果敢なチャレンジシーンに出くわすと、もうそれで満点をあげたくなってしまう。
琢磨は、それはそれは幾度となく琴線に触れる場面を見せてくれた。

私がヤンママであったら(笑)、これぐらいの息子がいてもおかしくないです。
そういう意味でも “理想の青年” が、これまた大好きなレースの世界で成長していく過程はもう目が離せませんでしたね。


ここ二三年、辛いシーズンオフが続きます。
毎度のことだからもう慣れたでしょ!‥‥なわけないです(苦笑)。
今年は増して辛い。

一度躓いたら戻れないような過酷なF1の世界で、ここまでロールプレイング‥大きくなれたのはやはりホンダの存在は大きいです。
そのホンダも消えてしまった。
けれども、琢磨にはF1レーサーとして存在し得る充分な力が備わっていると確信しています。
今立ちはだかるのは、素質ではなく、「財力」の問題。

「ブルデーで決まり?」の情報に席捲された感のメディア情報も静まり返っています。
ここにきて琢磨サイドの話もぽつぽつと上がってきたようです。
ある携帯サイトの情報では、日本の企業の商慣習の壁もあり、正式契約を持ってからスポンサー活動に奔走したいという琢磨サイドと、契約前に確実なスポンサーを要求するチーム側とにズレがあり綱引きは続いているということ。

まだまだ、五分と五分、そう信じております。

ただ、私はフォーミュラの琢磨しか知らないけれど、F1だけがレースじゃない。
「どんな状況でもレースではひたすら前を狙う」 「絶対に一番になってやる!」 そんな琢磨のレース魂、チャレンジ精神が続くならば、どこまでも応援していこう。
静かにそう思い始めてもきました。

誤解しないでくださいね。決して 「白旗」 を上げたわけではないです。
今琢磨たちはシート獲得のためにぎりぎりの努力を重ねています。こちらだって全身のエネルギーを傾けて応援していきたい。


その根っこは 「F1レーサー 佐藤琢磨」 ではなく

 「レーサー 佐藤琢磨」 が大好きなんだ! ということ。

改めてそれを気づかせてくれた数日間でした。

スポンサーサイト

*Comment

気高さ 

お久しぶりです。
琢磨君お誕生日おめでとうございます!だね。

気高さ‥毎度連ねて来た(笑)大事にしてやりたい母親目線。時に気高さが壁にもなる。気高いカテゴリーちゃいますのん?と問うのはもういいや‥
(゜Д゜=)ノ⌒゜

走って★と願うのみ。
表面上明るい今日この頃なワタシです(笑)
  • posted by parasol-tanto 
  • URL 
  • 2009.01/28 07:26分 
  • [Edit]

これは… 

決意表明ですね!(笑)
琢磨が輝いてくれればいいですよね!
  • posted by カンヂ 
  • URL 
  • 2009.01/30 08:44分 
  • [Edit]

あ・・・ 

先に書かれた。(笑)


バトンゲートの時に、オイラは書いたことが有った(気がする)。
オイラも、歴代心に残るレーサーって、そのタイプなんだよねぇ。

(だから、一昨年のFポンは小暮がタイトルだと思ってる:笑)

最悪、F1の世界じゃなくても、オイラも変わらず応援しますよ。
常々言ってるけど、「F1だけがレースじゃない!」からね。
  • posted by ジムカニアン 
  • URL 
  • 2009.01/30 12:33分 
  • [Edit]

parasol-tanto さん、カンヂさん、ジムさん 

コメントありがとうございました。

今更言う事でもないし、
私が日頃こんなふうに思っていることは皆さん分かっていると思うし、
逆に、皆さんも琢磨をどういう目で追っているかも充分に。

すっきしない結果ですが、先のことを想像すると、
何だか不思議にワクワクします。

カラ元気じゃないですよ(笑)。
  • posted by beach 
  • URL 
  • 2009.02/12 22:31分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://beach0705.blog44.fc2.com/tb.php/440-2ba994bc

Menu

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

SIDE BY SIDE FOR  TAKUMA

SUPER AGURI F1

(C)TRT Communication

TRT communication

TRT Communication

佐藤琢磨選手を応援します

メール box

beachにメールしたい時は…

郵便局入り口

↑ ↑ こちらまで ↑ ↑

プロフィール

beach

beach

Author:beach

プルダウンリスト

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

music

ブログ内検索

Music Select

Copyright(C)2006 るぅー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。