それぞれのココロとカタチ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火車

火車 【かしゃ】

火がもえている車。生前に悪事をした亡者をのせて地獄に運ぶという。
ひのくるま。

宮部みゆきさんの出世作 『火車』 の表紙裏。物語はここから始まります。

昨年のシンガポールのピケJrのマシン。
「それ」を命じ災いの火車を作り出した者たちは、自分たちもまた、地獄に堕ちる車に乗ってしまったことをどれほど自覚していたでしょうか。


『クラッシュゲート』 の疑惑の門が開いた頃は、
唖然くらっちゃう!!  
なんて、ヤジウマ気分で事の顛末に興味深々でしたが、
(ちなみに唖然くらっちゃう‥は、昔、やはり刑事ドラマで水谷豊と共演した寺脇康文の劇中の口癖でした) (^-^)ノ…
ここに及んでは、軽口もぶっ飛び、毒の強さに辟易してきました。

毎回GP後に書かれるPlanetのコラム
F1通信 さんで、和訳を読ませていただいてます。
長年毒気に当てられていれば、悪慣れもしてくるよなあ欧州メディア‥

他のことでも論争が続くだろう。しかし昔からF1は不正・陰謀と同義語である。
スポーツであると同時に連続メロドラマでもある。ピケのクラッシュの詳細はぞっとするものだが、この騒動によって人々はF1を二度と見なくなるわけではなく、F1のベストセラー小説の最新の章に魅了された新たなファンを獲得するだろう。
いつか公正取引委員会が、F1がスポーツの最高のストーリーを独占しているとして介入するだろう。しかしその日まで、迫り来る崩壊という報道は単純に誇張され続けるだろう。


不正・陰謀と同異義語ならば、それはスポーツではないと思う。
メロドラマだけの、単なる“興業”かもしれないよ、F1。
『クラッシュゲート』さえ、新たなファンを獲得するベストセラー小説だと、本気で?
ずっと“毒”に寄り添って生きてきた、メディアの自虐が垣間見えてきます。

最高峰の看板のメッキがどんどん剥がれていく。
気づかない金属疲労が、あちこちに隠れてるような不気味さ。

もしかしたら、見えないところで小さい火車が生まれていたりして‥‥

スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://beach0705.blog44.fc2.com/tb.php/470-4a4ce138

Menu

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

SIDE BY SIDE FOR  TAKUMA

SUPER AGURI F1

(C)TRT Communication

TRT communication

TRT Communication

佐藤琢磨選手を応援します

メール box

beachにメールしたい時は…

郵便局入り口

↑ ↑ こちらまで ↑ ↑

プロフィール

beach

beach

Author:beach

プルダウンリスト

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

music

ブログ内検索

Music Select

Copyright(C)2006 るぅー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。