それぞれのココロとカタチ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深夜の日記

深夜PCの前。にらみっぱなしだから、目がかすんできた。

遅い時間にお兄ちゃん、バイトから帰宅。
そんな私を見て、
「また凹むことでもあったの?」

いや、今回は私ばかりじゃなくて、アンタの方もだよ…。
おそるおそる、井出君のライセンス取消を伝える。

しばし、無言…。
がっくりと気落ちしているのが伝わってくる。

ここ何日かの経緯をかいつまんで話す。
静かに語るつもりが、私の方が熱くなってしまった。

お兄ちゃんはいわゆる「NISMO党」です。
レーサー本山哲選手を尊敬し、同じ目で井出選手を見つめてきました。
だから井出君がF1の世界に飛び込んだ時、肩透かしをくらったような気持にもなったらしい。

でも、井出選手の実力を信じ、
スロースターターであるゆえ最初は苦労するが、いずれの活躍を楽しみにしていました。

前にも書きましたが、一緒にテレビ観戦はしていますが、
彼は、F1が嫌いです。
というより、FIAであるとか、ネットの世界とか、
それを取り巻く周囲が嫌いのようです。
あまりにも生のレースからかけ離れていると…。

空が白み始めるまで、二人で話しこんでしまいました。

白状しますが、いっとき私もF1に嫌悪感を持ちました。
サーキットの外のバトルばかり見せられているようで。
ドライバーも「トップカテゴリー」という言葉に酔い、傲慢さばかりが目立ちます。

フォーミュラワン、その名の通り、面々と連なる下位カテゴリの最高のレベルでありますが…

深夜の親子アワーの続き…

残念ながら井出君は、過酷に限定された期間の中で、期待される結果を出すことができませんでした。
そこから、彼を輩出した国内のレースの存在を貶めるような風向きにはどうしても我慢がならないのです。

確かにイコールコンディションでは、F1トップドライバーと厳然たる実力の差はあるでしょう。
だけど、私と兄ちゃんには
それぞれのレギュレーションの中で、速さと技を極限まで競い合ってくれる彼らのレースは、比べようもない存在なのです。

・・・何だか毒気を抜いてまとめようとしたら、頭が痛くなってきました(笑)。

まあ書き連ねたことをべらんめぇ体に口語訳し、
DTMとアルバース君の関係も思い切り比喩したり、母と息子は内輪の毒の舞に興じました(笑)。

「お母さんは、それでF1見るの止めちゃうわけ?」
「…まあ暫くは保留…」
「そりゃそうだ! まだ琢磨がいるし…」

そう、佐藤琢磨はこんな状況のなか、粘り強い我慢の戦いを続けています。
彼のチームの行く末も案じています。

そしてお兄ちゃんは、それ以上に井出有治選手のこれから進む道と、
チームのサポートを厳しく注視し続けています。

眠れない夜が明ければ、また週末のレースがやってきます。

スポンサーサイト

*Comment

いいな 

息子さんと語れるママってね‥うちはね、38が最終で、まだ小四様だもん。一生懸命…おかあさんといっしょしてレース話しようとする姿が《おぼこい》んだよね‥。出来るようになるかなあ。あと何年?だけど田舎暮らしの場合、大学は、たぶん海外(日本のね…たぶん)だよね。淋しい淋しいと・今から嘆きつつ、母の日に期待しつつ、朝だ!オハヨー!
  • posted by ここ 
  • URL 
  • 2006.05/14 08:48分 
  • [Edit]

母の日… 

「そう言えばお兄ちゃん、きょうは母の日です…」

おこたの向うのお方に声掛けても、反応なし。
パソコンの向うを覗いたら、ヘッドホンして音楽番組夢中になっていた。
がっくし…。

こんな一日で終わりそうです。

そのうちにね、いろんな知識を身に着けて
「お母さんはシロウトのくせに…」なんて反撃されちゃうよ(笑)。
小ヨンかあ…。
うちの兄ちゃん、あこがれの服部君とツーショットの写真を抱え、うれしそう。
そんな時期でした。
  • posted by beach 
  • URL 
  • 2006.05/14 16:48分 
  • [Edit]

憧れ 

だよね。少し前までは…《タコの足ピッチ》にバルタン星人やダダがぶら下がってた。その後、ミハエルさんに憧れる反面、好きなんはバリチェロさんと、おとーとラルフさん!と、キッパリ!

なんだかなあ、自分と似た位置付けな…かほりなの?って笑ってね。楽しみにしてよー。ウルサいなぁ。だから,違うんだってば。なんて、お言葉を頂く時を。
お花…自分で…
だよ~!みんな、手ぶらなんだよ~(笑
  • posted by ここ 
  • URL 
  • 2006.05/14 19:01分 
  • [Edit]

cocomamaへ 

ダダって、どんなだったっけ?
何だかお姿想像して、思わず笑っちゃった。

うちに兄ちゃんは、最初から国内一筋だから。

はっちゃんに続き、(黒澤)琢ちゃん、あっドリキン忘れちゃダメだ!
ビデオの中の憧れの人たちだったもの。
大学に入っても夢は続いているよ。
どこかのレース関係にもぐりこめれば、しめたもんだって…(笑)。
「お給料安いらしいけど、いい?」
う~ん、それはおかあさんではなく、あなたのパートナーに言う言葉でしょ!
  • posted by beach 
  • URL 
  • 2006.05/15 00:38分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://beach0705.blog44.fc2.com/tb.php/89-bf45cf71

Menu

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

SIDE BY SIDE FOR  TAKUMA

SUPER AGURI F1

(C)TRT Communication

TRT communication

TRT Communication

佐藤琢磨選手を応援します

メール box

beachにメールしたい時は…

郵便局入り口

↑ ↑ こちらまで ↑ ↑

プロフィール

beach

beach

Author:beach

プルダウンリスト

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

music

ブログ内検索

Music Select

Copyright(C)2006 るぅー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。