それぞれのココロとカタチ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと遅めだけど

いろいろあり過ぎて、遅くなってしまいましたね。

SUPER-GT Round3  in富士

決勝レースの結果は

GT500クラス 優 勝 BANDAI DIREZZA SC430 DL 服部尚貴 / P.ダンブレック
2 位Mobil 1 SC BS 飯田 章 / 片岡龍也
3 位XANAVI NISMO Z 本山 哲 / 松田次生



GT300クラス 優 勝 WILLCOM ADVAN VEMAC408R 柴原眞介/八木宏之
2 位 TOY STORY Racing MR-S新田守男/高木真一
3 位ハンコックエンドレスポルシェ 木下みつひろ/峰尾恭輔


のっけからなんですが、私マシンとかタイヤとか専門的なことはあんまり興味がありません。
日頃雑誌や映像で身近なレーサーの、生の真剣走りを観たい!
ただそれだけなんです。

土曜日の深夜に出発。
早朝ならば1時間半位で到着するのですが、駐車場を確保のためであります。

途中コンビニで、買いそびれた日焼け止め を求めねば。
いろいろ買い出して車に戻って気づきました。
手にしているのは、穏やかな日焼け用スプレー…ばかっ!
お店にダッシュで戻りましたが、頭はまだ眠ったままか・・・。

サーキットに到着して、早々にピットウォーク購入の列に並びます。

まだまだ時間があるので、あそこに行ってみようかと。


30度バンク


当たり前ですが、1コーナー付近からさほど遠くないところ。
今までまったく見落としていました。
30度の角度はある程度想像していましたが、私、てっぺんまで上れませんでした。
だって下りる時の恐怖を想像したら…ですもの。
いろいろ悲しい歴史はあるでしょうが、
正直、ここを駆け抜けるレースを生で観たかったです。

サポートレース
Netz Cup Vitz RACE と MARCH Cup

ヴィッツレースは、ナンバー付車両ですから、
ある意味、ハラハラ。
昨年の観戦の帰り、走行不能になった愛車を前に悲嘆にくれているドライバーの方を見かけましたが、
周囲は同情の声でしたもの。

トップチェッカーのマシンにはもちろん、完走車すべてに拍手。
わずか数周のレース。
それでもトップからは随分差がつきます。
さて、次のイベントの前に…と席を立ちかけた頃に、最後尾のマシンが通過。
みんな慌てて座り直し、また拍手。
こういう雰囲気が好きです。

今回はいつもと違って午前中にピットウォークが始まりました。
マーチカップを楽しんでいたので、列の順番はけっこう後ろの方。
こりゃ正味20分位しか時間がないかも…。

参加者全員がピットに詰めかければ、立すいの余地もありませぬ。
キャンギャル目当てのカメラ小僧(オジサン)向けに、
コースは二手に分かれます。

キャンギャル目当ては…1

あちらの方々は、

グラスタ前のコースレーンで

お目当てのレースクィーンに群がる





そしてピットレーンの方も、人のやま、ウォークが困難…。

ロイック・デュバル君



只今人気急上昇! ロイック・デュバル








この人気者達には近づけない!

寿一君  はっちゃん

やっぱり寿一くんの人気はすごいね。
yu_koさん ごめんよ~。
10分くらい粘ってまともなのはこれ一枚だけ…。

多分、あまりレースの事は書けないと思うので、この場を借りて、

はっちゃん、ピーター優勝おめでとう!

服部選手の“涙”は、こちらも胸がつまる。

そして、ピーター・ダンブレック選手。
今回のお目当てのひとり、です。
ピット前で待てども、お姿見えず…。
ふと気づけば、ジーンズ、Tシャツ姿の外人さん、所在なげに立っている。
ピーターの関係者の方? 
そうだ、この青年に何とか伝えてもらおう、ええっと英語で・・・。
ふと、目があった・・
ありっゃあ~~? ピーターご本人だったよ!
目線があったあとすぐに、彼は奥に引っ込んじまった。
なんたる不覚、うぅっ。
でも、前回の悔しさを挽回できて、本当によかった。

大、大好きなロッテラーにも、しっかりサインもらえたし

ピットウォークもそろそろ終了時間、
300クラスのヴィーマック、黒澤琢也選手に会えた。
琢ちゃんばかりに目がいって、弟の翼君もだったのか。
でも、ここまで面子が揃えば、あとは・・・
本当にうっかりしていました。
兄弟の後ろに控える、監督のお父上…元さん、いました~!

初めて御本人にお目にかかりました。
握手していただき、記念の写真もパチリしたのに、
このソコツ者は、間違って消去してしまいました。
大バカ者っっ!!であります。
でも、三人のサインはガイドブックにしっかり残ってますよ(嬉)。


レースは

絶対勝つ、と思っていたZENTセルモSCが、早々にスローダウンしてピットに入ってしまうし、
Dスルーペナルティは続出するし、何度サーキットにため息が流れたことか。
そのペナルティーの妙が寿一君と飯田章選手のバトルを演出してくれたのだけど。
私的には、あれが一番見ごたえがありました。
昨年のこのペア、どちらかと言うと章さんの方が好きです。
だから、コース上で寿一選手を抜いた! ことが嬉しい。

いろんなこと思い出して書きたいこともいっぱいあるけど、
なにせもう十日も前のことですので…ね。

でも、ひと言、ナマは面白い。
帰宅してビデオを見直したけど、もちろん「音」もマイナスだし、
何よりカメラアングルが悪いのか、マシンが遅く感じてしまう。
あの重量感が生きてこないなあ、と。
あっ生意気言っちゃいました。

それと500キロ(110周)は、ちょっと長すぎ、かな。

で、帰り。

今回は、来年のF1 in JAPANを意識してか
サーキット内外の誘導が、結構リキ入っていたようです。
一方通行であちこち仕切られていたようです。

一方通行の波に乗れず、東ゲートではなく西ゲートを出てしまって
せっかくRYOHさん に教えて頂いたのに、
「しまった~こっちじゃなかった!」の反省!
でも、山中湖を抜けたら、本当に空いていました。

ところが津久井を抜けて、隣市に近づいた所でドライバーをおとうに交代した途端、暗雲が…。
「神奈川の道」を走らなくなって、はや数年。
おとうは、すっかり よそ者になっていました。

こんなところで迷う、なんて…恥ずかしすぎる。

秋には、もう一度、いけるかなあ。


キャンギャル


ビー○○○さん、最後の出し惜しみの品です(笑)。
スポンサーサイト

*Comment

ありがとう(^_^; 

おはようございます
これが噂の 紫電ですか!
コークボトル形状の絞り込みは空力が…ってここまで惚けると辛いッス(^_^;

お疲れ様でした。レースはそれなりに楽しめたようですね。
バトルがあるレースは面白いですよね。
何よりも、生観戦が一番大きい要素ですかね。
  • posted by ビートニク 
  • URL 
  • 2006.05/17 06:53分 
  • [Edit]

オイラも… 

思わず、最後の写真に過敏反応!(爆)
そうそう、次回富士のチケットご所望の場合はおっしゃって!何でも竹内君「チケットいつでも言って!」って言っていたから。
  • posted by カンジ 
  • URL 
  • 2006.05/17 09:15分 
  • [Edit]

おつかれさん 

おはよー!私の生感染も早1ヶ月よ。あのときも色々有ってブログ登場が遅れて・・・よ~く解る!!京都記事はココロの問題で、まだ書けずに居る始末。ひとりじゃないから、有意義に過ごせたのね♪服部君が帰って来た時、テレビから一番に聞こえたのは、虎君の、あったか~い、苦しい時を知り合えてる声でした。『はっとり~!おめでとう~』こちらも涙が溢れて・いいレースを観てきましたね。いっぱい見所在ったね!ところで、山中湖から神奈川へ抜ける道、大好きでした。記憶は殆ど無いに等しいけど大好きって気持ちはいっぱい残ってる(*^_^*)不思議。もひとつ!ところで、その画像・・・別のところでもツッコミしたんだけど(^^ゞその、カワイイちゃんとどんな体験出来るのかな?体験コーナーってさ?なんだか、目的明らかなレーンに並ぶのんって、メッチャ!!恥ずかしい~よね?って思うのは私だけ?もし、同行君がアチラ側なら、ん~次に同行出来るかなあ、ドウコウ言っても意味なしかな?
(=^▽^=)
  • posted by ここ 
  • URL 
  • 2006.05/17 09:17分 
  • [Edit]

充分です! 

こんな至近距離での寿一が見れて幸せです!!!カッコイイヽ(≧∀≦)ノ

  • posted by yu-ko 
  • URL 
  • 2006.05/17 11:33分 
  • [Edit]

はい! 

ビートニクさん、「紫電」の日光浴バージョンであります…。

携帯のカメラ向けたらすかさずポーズを取ってくれて、
笑顔のかわいいお嬢さんでした。

ナマはやっぱりいいですね。
でも今回ちょっと欲張りすぎて、500も300も同時に追いかけていたら、
周回遅れやらで、頭がクルクルしてしまいました。

あの音、ですから、場内放送など聞き取れもせず、
一体何のペナルティーやら、それがちょっとイライラしましたね。

最後は足が棒のようになっちゃって、
帰り道ショートカットで、丘を駆け下りたら、思わずズルッ…。
連れの衆は、他人のふりして逃げちゃうし、かわいそうでしたよ、私(笑)。

  • posted by beach 
  • URL 
  • 2006.05/17 11:37分 
  • [Edit]

過敏反応というより… 

それは、条件反射だよ! カンジさ~ん(笑)。

記事にも書いたように、半分のピットしか巡れなかったから、
今回はナマの竹内選手、目にすることができませんでした、残念!

私の場合、レースとピットウォークが半々の楽しみですからね。
お心使いありがとうね~。

あっ、そうそう、土曜日の件、後でメール入れておきます。ヨロシクっ!

  • posted by beach 
  • URL 
  • 2006.05/17 12:02分 
  • [Edit]

はっちゃんは 

いつもしぶとく頑張ってたものね~。

ところで、ここmama、私、最初意味が分からなかったよ。
しばし見つめて、あっ~~!
お嬢さんの笑顔の裏はとんでもない世界だった??(へへっ)

写真ではあんまり分からないけど、
ピットとコースを隔てるコンクリートと金網の向うは、あらら?の雰囲気。
あれもひとつの「売り」なんだろうけどね~。

山中湖から神奈川に抜ける山道は、本当に車が少なく、気づいたら信号なかったかも。
ビビリ運転のお兄ちゃん、たまに後続車から軽~く煽られたり、
終わりごろは結構上手になって、
山道ドライビングスクールでした…。
私は、後部シートで気持わるくなっちゃったけど、ね。


  • posted by beach 
  • URL 
  • 2006.05/17 12:18分 
  • [Edit]

yu_koさん、実はね 

ずうっと、至近距離にはいたのよ。

ただね、こういう時でも内気な性格がでちゃって(えっ?)
もう一歩が出なくて、モタモタしっぱなしだったの。

私はロッテラーがとっても大好きだから、
このブースはどんなに混雑しても、離れ難かったし…。

自分用には、昨年撮った写真にアンドレにサインしてもらいました。
ドライバーの中には、以前のチームのは、どうもね…
というタイプがいるから、けっこうドキドキもんでしたよ。
  • posted by beach 
  • URL 
  • 2006.05/17 12:26分 
  • [Edit]

うふふ~ 

あはは。以前ツッコミ差し上げた方も《何のこっちゃー?》だったのか~!恥ずかしくなったのかも。アチラ側の方じゃ無いからね‥悪いことしちゃったかもシレナイなぁ。\(__ ) ハンセィですね‥。
ところで・二年越しの作品完成かあ…いいね!イヤがるってのんも、解るね!離婚したのにィ…はぁ~い!お久しぶりー!遅くなったけど~去年のキャンプの写真送るよー♪♪って楽しそうに言われても…ま・いっか~私結構イケてる写真だし♪って?!だはは~引っ張る話じゃ無かったね(=^▽^=)

(観客が半減しちゃったら困るね‥)
(×_×;)
  • posted by ここ 
  • URL 
  • 2006.05/17 16:23分 
  • [Edit]

ここmama 大丈夫だよ~ 

時間を置いてから、ニヤリ!とするときも、また楽し…。
私の場合、解けぬ方程式(?)のように、頭の片隅にいっつも残っていて、
お風呂洗っていたりしていて、
突然ひらめいて、一人高笑い! なんてこともあるから、ね。

写真といえば、ここ数年自分の姿をきちんと撮ったためしなし。
ほとんとが、携帯で「酔っ払った場」の写真ばかり。

後で送られてきても、あれはシラフの時は興ざめもんだもの…ね。
  • posted by beach 
  • URL 
  • 2006.05/18 00:02分 
  • [Edit]

生観戦の必需品 

おはようございます

サーキットではFMラジオが必要ですよね。
富士では判りませんが、鈴鹿では場所によっては入り辛い所があるんですけどね。
  • posted by ビートニク 
  • URL 
  • 2006.05/18 06:40分 
  • [Edit]

ビートニクさん、 

1コーナーのところには、大型ビジョンと順位の電光表示板があって、
レースの流れはつかめるのですが、
ペナルティのように何で?なことには、無理ですね。

本当にそうでした!
何でFMラジオのこと、思いつかなかったんだろ。

何だか、今頃後悔しても、ね~。
  • posted by beach 
  • URL 
  • 2006.05/18 12:04分 
  • [Edit]

 

バンクのほうって今 遊歩道見たいのできて
綺麗になってるんですね。

10年くらい前はじめてバンク見たときは
だれーも人こない 過去の遺物みたいな場所でしたよ。
バンクの外側に草に覆われた 過去のスタンドがちょこっと見えたり。

でも30°って実際立つと すごいですよね
こんなとこ 走ってたのかよ みたいな。
  • posted by RYOH 
  • URL 
  • 2006.05/19 19:04分 
  • [Edit]

RYOHさんへ 

あの道路を下りると、先にはあずまやみたいなベンチがあったりして、
確かに、メモリアルパーク、でしたね。

下の方は緩やかだけど、上になるにつれて、まるで壁のよう…
は大げさでしょうか。
歩くだけでも怖い、が実感です。

あっRYOHさん、ありがとうございました。

途中で、あっしまった、と思ったのですが、
山中湖の湖畔の道路渋滞で、
絶対私達よりサーキットを後に出た、「展示車両」が悠々と
反対車線を通り過ぎた時、
ああ、やっぱり…と後悔しましたもの。

途中で、「小山へ」と示す道路を目にしたとき、
どうせならこの道をもう一度戻って確認してみるか、なんて
自嘲気味になってしまいました(笑)。

今度行くときは、絶対大丈夫、だと思います。

  • posted by beach 
  • URL 
  • 2006.05/19 23:59分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://beach0705.blog44.fc2.com/tb.php/91-88e81f4a

Menu

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

SIDE BY SIDE FOR  TAKUMA

SUPER AGURI F1

(C)TRT Communication

TRT communication

TRT Communication

佐藤琢磨選手を応援します

メール box

beachにメールしたい時は…

郵便局入り口

↑ ↑ こちらまで ↑ ↑

プロフィール

beach

beach

Author:beach

プルダウンリスト

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

music

ブログ内検索

Music Select

Copyright(C)2006 るぅー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。