それぞれのココロとカタチ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きょうの浮遊

ひとつの「堰」が、何かの事情で開けられたような気がします。

来季アンソニー・デビッドソンが、スーパーアグリのシートを獲得したという噂をうけて、亜久里さんが、
「そうなれば素晴らしいですね」と語ったという。
 (参照ニュース

不安な資金力、新しいマシンの進捗状況か、
いや当面のセカンドドライバーの問題…
そんな心配をすっ飛ばして、来季のドライバー??

思うこと(怒)言いたいことはぐっと抑える。
新車に向けられた技術供与の問題で、何かの進展と表裏の事情を意味する言葉なのではと勘ぐる。

以前、トーチューのコラムでの今宮雅子さんのコラムに触れたことがあります。

永年GPの取材の中で感じてきた、大好きなホンダスピリッツの気概が、残念ながらオールHONDAチームに感じられない。
そんな場面に出くわした時の失望。

今宮さんまだ言い足りない思いがあるのか、
今月号の「F1グランプリ特集」でも、同じ心情をより具体的に吐露しているようです。

「約束されたサポートの話がイギリスにいくたびに、大きなブレーキがかかり、遅々として進んでいない…」
阻むものは旧BARの存在。
「ホンダとスーパーアグリの関係において介入する立場のない旧BARの組織がすべてを決めている印象を与える…」
そして
「新チームに対して日本のファンに対して、自分達が約束したことを忘れ、ホンダがそこに身を任せてしまっている…」

この場合の「イギリス」は勿論地名をさすのではなく、
当地のホンダの窓口「HRD」を意味するのでしょうか。
それと、「旧BARの組織」
旧BARの人間、なら分かりますが、組織、となると、どのような存在なのか想像もできません。

ホンダとスーアグの関係については、かなり激しい憶測(裏切った云々)も飛び交ったこともありますが、それはないでしょう。

ただ、
とある(かなりインサイダー)の外郭団体が、あるプロジェクトを提案した。
本社は、その趣旨に賛同し、自社の利益をも鑑みて全面協力を約束した。
協力内容の詳細は、窓口の部門と相談して推し進めるように、と。
言葉は悪いが、丸投げ?
ところが当該部署は独自の開発案を推進中で、分散あるいは分極とみなし、彼らとのコネクションは、実を言えば好ましく思っていない。
企業の図式に置き換えれば、何となく想像が容易い。
私は、そんな風に思っています。

F1を見始めて十年ちょっと、それも興味を惹くドライバーの時代だけ、途切れ途切れのファンであります。
難しいことは分かりませんから、レースのことだけ。
それ以外は、あまり考えたことはありません。

ファンが熱く語る「ホンダスピリット」
うまく表現出来ませんが、そういった方々の語りをいわば中継する形で、レースに対する情熱と気骨溢れる精神に、私もぼんやりとした憧れを持っていました

どこまでも存分に惹かれる佐藤琢磨というレーサーが、BARホンダのステアリングを握ってからは特に、ホンダのレースに対する取り組みに共感の思いをこめて応援してきました。

私はぼんやりと、そして今宮さんはくっきりとした輪郭を持ってあこがれていたものが崩れていくような不安。
今シーズンが始まってから、徐々に大きくなってきています。


亜久里さんのニュースから、ちょっと脱線してしまいましたね…。

井出選手の衝撃的なライセンス剥奪で、レースに参加することも許されない。
亜久里さん、ぽつぽつと語り始めてはいますが、
今後彼はどうなるのか、いまだ具体的な情報は聞こえてきません。

フランク・モンタニュー選手
苦労人ドライバーは、思いもかけず巡ってきたチャンスに、恵まれた環境とは程遠い条件下でも、喰らい付いていこうと必死に頑張っています。

そして琢磨君
チームの不安な要素がいくつも噴き出し、性能の劣るマシンでテールエンダーの悔しさの続くなかでも、ありったけの力で凛とした態度で挑む姿。

アンソニー・デビッドソン
私は今でもあの時の彼の周囲から漏れてきた「キャリアに傷が付く」にこだわっています。

苦労を共にする。
こういう“浪花節”的な気持ちは、結果が何より優先される世界では通用しませんけどね。
けれど、隔てる贔屓の目は、
以前よりずっとずっと深くなった気がします。

オモテに出てこない思惑や事情が分からない今は、
亜久里さんの言葉が悲しい。

かといって今、亜久里さんを非難するような気持は決して持っていません。
彼の置かれた苦悩と混沌の状況は、そんな単純な言葉で切れるほど、
決して生易しいものでないことは、充分感じていますから。

スポンサーサイト

*Comment

ご無沙汰しております。 

どもです。不穏な空気がSAF1とホンダの間にあるのは少し前から気になっていましたが、こうして読んでみると事態はだいぶ深刻なところまできている様ですね…。最初の頃から私はSAF1がホンダにいい様に利用されないかは心配していましたが、それは考えすぎだと思うようにしていました…。しかし今の状況は…。なんとかうまくやっていってほしいですね…(;^_^A
  • posted by 考える葦 
  • URL 
  • 2006.05/23 00:58分 
  • [Edit]

おはようございます 

HONDA(と言うより旧BAR)内での綱引きの他に、SuperAguriF1Team内でもあるのかも知れなくて。
その辺りがSA06は「アロウズA23ベース」発言へと繋がっていたのかな?なんてね。独自開発シャーシ+空力パッケージは、技術陣にしてみれば、それがやりたくて参加したような物でしょうからね。

外部から見えることには限りがありますね。
ドライバーはドライバーで、あらゆるチャンスを最大限活かそうともがいて…浮かび上がるか、沈んでしまうか…亜久里は、今になって井出の問題を“具体的”に語り始めましたね。メディアが聞き出したと言うべきか。しかし、その発言にも何か事情がありそうで…

ところで、オデッセイなら せなっち♪さんが詳しいですよ!
  • posted by ビートニク 
  • URL 
  • 2006.05/23 06:30分 
  • [Edit]

え? 

井出っちの記事どこで見れるの?最近、携帯でしかネットしてないから…

結局、ホンダのBチームになっちゃうのかなぁ。
  • posted by yu-ko 
  • URL 
  • 2006.05/23 17:00分 
  • [Edit]

考える葦さん 

そう言えば御無沙汰でしたね~うっかりしてました(笑)。

私達って、時間軸も不明な、ある人の限られた言葉で自分の考えをまとめたりするのですから、
既に次の段階に入ってるかもしれませんしね。

「フルサポート」の問題、最初から双方の認識に掛け違いがあったのではと思います。
わずか200日あまりで出来上がったチームですから、そういうところの詰めの曖昧さもあったのかもしれません。

いずれにしろ、こういうところで消沈したり、不安になったり、じゃなくて、
前に行くことだけに気持を高められるようになりたいですよね。
  • posted by beach 
  • URL 
  • 2006.05/23 21:49分 
  • [Edit]

ビートニクさん 

おっしゃるとおり、HONDA内で、スーアグ内で、そして双方の関係の中で
いろんなものが複雑に絡まっているのでしょうね。

例えばスーアグのオーデットさん、その時々の話題で、この方をどう捉えていいか分かりません。
私達は日本とか、ホンダ絡みでこのチームを見てしまいますが、
考えてみれば、彼がこのチームに率いてきたメンバーは、
F1で自分達が成功するチャンスを求めていた人たちですから、
もっとシビアに、F1で生き残る事を願っているのでしょうね。

オデッセイ、欲しいですよ~!
先週銀座で買った宝くじ、当たらないかしら…。
  • posted by beach 
  • URL 
  • 2006.05/23 22:11分 
  • [Edit]

yu_koさん 

昨日あたりから、亜久里さんの語りが出てきたようね。

英会話の力がいろいろなところで障害になったとか…。
ただ、具体的にどうこうとかではないようで。

Bチーム??・・・・これから見えてくるのでしょうね。
当初の「全面的にバックアップする」が約束通りスムーズに今後進み、
それが来季以降も見据えたものというニュアンスが伝わってくれば、もちろんそういう扱いのチームになっていくだろうし、
念願の新マシンがカタチになって登場してから、わかってくるでしょうね。
  • posted by beach 
  • URL 
  • 2006.05/23 22:28分 
  • [Edit]

銀座でも話題になったよね 

ホンダ本社サイドとHRDでもかなり温度差あるようですね。特に今のHRDは旧BARの頭の悪い人たちに翻弄されているように感じます。結果ショボい組織とショボい結果しか残らず、挙げ句Sアグに対する仕打ち?
ホンダ本社はBAR株買取時に何か契約上の弱みでも握られてるとしか思えない腑抜けぶりですよネ。
コウなればいっそ、日産になったほうがいい結果への近道にも思えます。
だから、beachさんもオデッセイやめて…(爆)
  • posted by カンジ 
  • URL 
  • 2006.05/23 22:47分 
  • [Edit]

うんにゃあっ! 

カンジさん、beachさん家では、最近オデッセイ一本で固まってますからっ。
ただし、買えれば…ねぇ。

あらためて、今更思うことでもないけど、
何で、ニック・フライなんだろ。
ほかのチームだったら、内部からぼろぼろ不満が出てきてもいいぐらいだもの。
あそこのチームのなかは、本当に分からない。

ここまで周囲から疑問視されている人を使い続けていることが
やっぱり憶測されても仕方ないよね。旧BAR云々、とね。

  • posted by beach 
  • URL 
  • 2006.05/24 00:32分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://beach0705.blog44.fc2.com/tb.php/94-c76e307a

Menu

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

SIDE BY SIDE FOR  TAKUMA

SUPER AGURI F1

(C)TRT Communication

TRT communication

TRT Communication

佐藤琢磨選手を応援します

メール box

beachにメールしたい時は…

郵便局入り口

↑ ↑ こちらまで ↑ ↑

プロフィール

beach

beach

Author:beach

プルダウンリスト

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

music

ブログ内検索

Music Select

Copyright(C)2006 るぅー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。